日刊スパイデー

365日どこかで愛を見つけるブログ

格闘技

前田日明の伝説や赤井英和との凄い武勇伝を紹介!名言も染み渡る!

投稿日:

格闘王と称され人気を博したプロレスラーと言えば、

前田日明(まえだあきら)

ですね。

プロレスに、キックボクシングやサンボの要素を取り入れ、格闘技を身近なものにしてくれました。

そして、札付きのワルであった少年時代やプロレスラー・格闘家時代の伝説的エピソードが多いことでも有名ですよね。

 

元プロボクサーの赤井英和さんも、少年時代は札付きのワルとして有名でした。

実は、2人とも地元は大阪で、ワルとして勢力を二分する存在であったようです。

今回は前田日明さんの、

  • 伝説
  • 赤井英和との武勇伝
  • 名言

について紹介していきます。

前田日明と赤井英和のプロフィール

まずは、前田日明さんのプロフィールを紹介していきます。

名前(なまえ) 前田日明(まえだあきら)
通称 格闘王
生年月日 1959年1月24日
出身地 大阪府大阪市
身長 192㎝
体重 115㎏

地元・大阪で不良少年時代を過ごし、1978年に新日本プロレスにて、プロレスラーとしてデビューします。

その後、UWF・リングスにてプロレスラー・格闘家として活躍をしました。

『格闘王』と称され、多くのファンから支持を得ました。

前田日明さんは選手としてだけではなく、プロモーターとしても才能を発揮し、大規模興行を成功させるのです。

さらに、これまで前田日明さんは、

リングスでは、エメリヤーエンコ・ヒョードル選手

THE OUTSIDERでは、朝倉未来選手

など、現在も大活躍する格闘家を発掘してきました。

たろう
とんでもない選手を見つけたんだね!!!

 

次に赤井英和さんのプロフィールを紹介していきましょう。

名前(なまえ) 赤井英和(あかいひでかず)
通称 浪速のロッキー
生年月日 1959年8月17日
出身地 大阪府大阪市
身長 178㎝
体重 82㎏
階級 スーパーライト級
戦績 21戦19勝2敗
赤井英和

赤井英和

中学・高校と喧嘩に明け暮れる、荒れた少年時代を過ごします。

その後、プロボクサーとしてデビューを果たすと、

デビュー以来12試合連続ノックアウト勝利

を飾り、

『浪速のロッキー』

の愛称で人気を博しました。

プロボクサーを引退後、現在では俳優やタレントとして活躍をしています。

たろう
浪速のロッキーってかっこいい!!

 

前田日明の伝説

前田日明

前田日明

不良少年から大人気プロレスラー・格闘家に転身した前田日明さんには、数々の伝説があります。

前田日明の伝説(不良少年時代)

高校生の頃、空手に熱中した前田日明さんは、初段を取得した際、先輩にこのようなことを言われます。

先輩

初段は仮免許のようなもので、仮免には路上教習がある。

路上にいる人間をしばいてこい。

このような事を言われた前田日明さん、

様々な人間と喧嘩

をすることになるのです。

たろう
滅茶苦茶だな!!最終的には「ヤク〇のバッチを取ってこい」とも言われたらしい・・・・(泣)

前田日明の伝説(プロレスラー・格闘家時代①)

『格闘王』と称され、人気を博したプロレスラー・格闘家時代の前田日明さん。

リングスで活躍している時、興行は大都市を中心に展開していました。

そんな中、ファンの集まりが、鹿児島で署名活動を行ってまで、リングスの大会を誘致したのです。

前田日明さんは、このファンの活動に感動し、鹿児島で興行を開催します。

 

地方のファンを獲得するためにも、鹿児島の興行ではハイクオリティな試合を提供したかったところ、第一試合に出場した坂田亘選手が、

グダグダの試合で引き分け

という結果を残してしまったのです。

興行を勢いづける為にも、第一試合は重要な試合でした。

さらに坂田亘選手は、試合終了後のインタビューで、

記者の質問にふんぞり返って対応

してしまいます。

これに激怒した前田日明さん。

坂田亘選手を

カメラが回る前でボコボコ

にしてしまいました。

動画を見てみるとわかりますが、想像以上のボコボコぐあいですね。

たろう
言葉を失う程怖い・・・・・・・・

前田日明の伝説(プロレスラー・格闘家時代②)

六本木で駐車していた前田日明さんのベンツに、前田日明さんより大柄な在日米軍5人が車のボンネットへ座るなど、

前田日明さんに対して舐めた態度

をとってきました。

 

たろう
酔ってたのか知らないけどやめて(泣)!!

 

その行為や態度に怒った前田日明さんは、

5人の内、4人に強烈なハイキックを決め

倒してしまいます。

残る最後の1人は、対戦を拒否したため、

「日本人を舐めるなよ!!!!」

と伝え、その場を立ち去りました。

たろう
在日米軍の人、そうとう怖かっただろうな~(泣)

 

前田日明と赤井英和の武勇伝

少年時代には、ワルとして勢力を二分する存在であった前田日明さんと赤井英和さんです。

ちなみに赤井英和さんの、昔の画像が見つかりましたので紹介しますね。

赤井英和

赤井英和

迫力ありすぎですね。

たろう
こわいって!!!!!!

この2人の、武勇伝が話題になっていました。

 

面識はありませんが、噂でお互いの存在を認識していた2人。

ある時、電車でばったり遭遇します。

当時は、この2人が出会ったら、

大阪が壊れる

とまで言われていました。

そんな2人が出会ってしまったのです。

血気盛んな2人は、一触即発の雰囲気となってしまいますが、その時に、

「やめっ!!」

そう声をかけ、間に入り喧嘩を止めたのが元阪神監督の岡田彰布さんでした。

岡田監督

岡田監督

たろう
映画みたいな話だね!!!!!!

 

以上の武勇伝が有名なっているのですが、実はこの話、

全くのデマ

とのことです。

前田日明さん自身が否定していることから、デマで間違いないでしょう。

前田日明さんと赤井英和さんの2人が、大阪であまりにも有名であった為、このような武勇伝が生まれてしまったのでしょうか。

 

前田日明の名言

少年時代から現在に至るまで、話題に事欠かない前田日明さんですが、その巧みな話術から繰り出される、

名言

も有名です。

今回はそんな前田日明さんの名言をいくつか紹介します。

前田日明さん

原点をたどっていけば、全ては戦場に行きつくんです。

前田日明さん

ごちゃごちゃ言わんと、誰が強いか決まるまでやればいいんだよ。

前田日明さん

俺は不器用だからね。前へ前へと進むしかないんだ。

前田日明さん

俺、自信があるんだ。誰よりも遠くに行けるし、誰よりも最短距離で目的地にたどり着いているしね。

どうでしょうか。

捉え方は人により様々でしょうが、とても染み渡る言葉が多いですね。

少年時代から様々な事を経験してきた、前田日明さんだからこその名言なのでしょう。

たろう
なんか分かんないけど、頑張ろうって思えてる!!

スポンサーリンク

まとめ

以上が、前田日明さんの、

  • 伝説
  • 赤井英和との武勇伝
  • 名言

についてでした。

前田日明さんの伝説は、

不良少年時代:先輩に言われ、様々な人間と喧嘩をした

プロレスラー・格闘家時代①:グダグダの試合をした選手を、カメラの前でボコボコにする

プロレスラー・格闘家時代②:舐めた態度をとってきた、在日米軍5人の内4人をハイキックで倒す

がありましたね。

前田日明さんと赤井英和さんの武勇伝については、

不良少年時代に2人が出会い、一触即発になったところを、元阪神の岡田彰布さんに止められたこと

が話題になっていましたが、それは、デマだったみたいですよ。

前田日明さん名言については、少年時代から様々な事を経験してきたからこそ、染み渡る言葉が多かったです。

-格闘技

Copyright© 日刊スパイデー , 2019 All Rights Reserved.