日刊スパイデー

365日どこかで愛を見つけるブログ

事件

撮り鉄のメシウマなクズ動画で評判が炎上【車で邪魔してやった?】

投稿日:

撮り鉄

こと、列車の撮影を趣味にする鉄道ファン。

以前から、撮り鉄の”マナー”について問題視されていますね。

もちろん、マナーが悪い撮り鉄だけではなく、しっかりとマナーを守って列車の写真や動画撮影を楽しんでいる人たちもいます。

そんな中、2019年4月4日に

埼玉県の東大宮駅と蓮田駅の間にある列車撮影スポット

において

撮り鉄が撮影スポットの目の前の道を通りかかった車

に対して

激しい罵声を浴びせる動画

が撮影され、ネット上にアップされたことで物議を醸しています。

撮り鉄の動画は、メシウマ(意味:他人の不幸で今日も飯がうまい)なクズ動画だといい、

撮り鉄の態度を批判する声

が挙がっているのです。

 

今回は、撮り鉄が通りかかった車に罵声を浴びせる動画をチェックしていきます。

撮り鉄のメシウマなクズ動画は?

騒動が起きたのは、2019年4月4日。

場所は、

埼玉県の東大宮駅と蓮田駅の間にある列車撮影スポット

で、撮り鉄の間で

ヒガハス

の愛称で知られている撮り鉄の”聖地”でした。

撮り鉄の動画が撮影された経緯については、

現場に居合わせた複数の目撃者が、その一部始終を撮影

したというもの。

同動画はツイッターにアップされ、たちまちネットユーザーから大注目されることとなりました。

問題となっているクズ動画を観ていきましょう。

想像以上にすごい罵声でした...。

「行け、行けよ早く行け」

「オイ!〇ねよゴミ!オイ!!!」

「オオオオオイ!」

など、数名の撮り鉄が車に大きな声で罵声を浴びせています。

動画を観てみると、

  • 奥に線路
  • 線路の手前に車が通る公道
  • 撮り鉄がいる場所は線路の間に公道を挟んだ位置

ということが確認できますね。

罵声を浴びせているのは、線路の間に公道を挟んだ位置にいる撮り鉄のようです。

公道の向こう側にも撮り鉄がいるようですが、公道の向こうにいれば、車が前を通過することもなかったでしょう。

『なぜわざわざ公道を挟んで場所取りをしたのか?』

という疑問が浮かびますね。

 

わざわざ公道を挟んで場所取りをした撮り鉄たちは、どうやら

桜と一緒に列車を撮影したかった

ようです。

しかし、動画からもわかるように

桜は見頃

であるため、この日は

桜を見に来ていた人・車

もいたようですね。

通りかかった車は

桜を見に来ていた

と思われます。

車は、撮り鉄たちにとってはタイミング悪く列車が通りかかるときに、撮り鉄の前を通り過ぎていきました。

この時に

通りかかった車は徐行

しているのです。

これについて

車で撮り鉄の撮影を邪魔してやった

という話もでているようですね。

しかし、状況から考えるとそうとは言い切れないでしょう。

撮り鉄は車が通りかかる前に

「車止めちゃえ、止めちゃえ」

とささやいていました。

その後、徐々に車が自分たちの撮影スポットに近づいてくると

「止まっ、止まって!」

「ストップストップストップ!!!」

と大声で呼びかけました。

動画から見てもわかるように、

かなりの大声

であったため、車の運転手は

発している内容(止まって)

は聞こえなかったとしても

何かしら叫んでいる

ことは、把握できた可能性があります。

その声が聞こえて、徐行した

のかもしれません。

また、

車が通る公道の周りには桜を見に来た人や撮り鉄がたくさんいた

ということから、

危険を察知し徐行した

のでしょう。

人が近くにいる道で徐行することは安全を確保するためのルール

であるため、状況からして

車は撮り鉄を邪魔するために徐行したのではなく

徐行せざるおえない状況だった

と言えそうですね。

この動画を観たネットユーザーの反応は、

ネットの声

こんなのはある程度予想できる事なので、別の場所を探すべし。

ネットの声

撮り鉄は何様?

屑ばかりの集団だよね。

ネットの声

公道だから車の通行が優先です。

撮り鉄は二の次。

ネットの声

激昂してる人たちがとても気持ち悪い。

ネットの声

早く行けよって、道路ギリギリに人は居るは、路駐いるは、行けるかー。

ネットの声

撮り鉄のことよく知らないがこれは見損なった

ネットの声

これは酷すぎますね。

地元の方の事を考えていないんですかね。

などなど、罵声を浴びせた撮り鉄を非難する声が多く挙がっていました。

 

しかし、一部では

ネットの声

「仕方ないか」

とか言っている撮り鉄がいるから、いいやつは1人いる

ネットの声

「仕方ないね」

に救われた感ある

という声もありました。

動画の中では、罵声の方が目立ちますが

「仕方ない」

と発言している撮り鉄もいました。

他にも、

ネットの声

同じ鉄道ファンとして恥ずかしい

と、鉄道ファンもコメントしていましたよ。

 

今回は、罵声を浴びせるなどマナーが悪い撮り鉄ばかりが目立ってしまいました。

きちんとルールやマナーを守っている撮り鉄までも、ひとまとめに批判されるのは残念ですよね。

マナーのいい撮り鉄もいるが、マナーがなっていない撮り鉄もいるということです。

事故などになっては大変なので、今後取り締まりなどが強化されるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、撮り鉄の聖地”ヒガハス”で通りかかった車に罵声を浴びせる撮り鉄の動画をチェックしました。

撮り鉄は、

線路との間に公道を挟んだ位置

で待機しており、

公道を車が走ることは予想できるもの

であったにも関わらず、通りかかった車に

「止まれ」

「行け」

など好き勝手に叫んでいました。

挙句の果てには、

「〇ねよゴミ!」

と罵声を浴びせネットでは

「酷すぎる」

「撮り鉄は何様?」

「見損なった」

と非難の嵐となり炎上しています。

あまりにもマナーが悪いと、今後取り締まりをされる可能性もありますね。

撮り鉄にはルールとマナーを守って気持ちよく趣味を楽しんでほしいものです。

-事件

Copyright© 日刊スパイデー , 2019 All Rights Reserved.