日刊スパイデー

365日どこかで愛を見つけるブログ

歌手

石野卓球がTwitterをやめた理由をチェック!ニュースに上塗りしたいって何?

投稿日:

電気グルーヴのメンバーだったピエール瀧さんが逮捕され、彼の相方である

電気グルーヴの石野卓球さんのツイート

がメディアやネットの注目の的となっています。

2019年4月8日に自身のTwitterを更新した石野卓球さんは、

「今日でツイッターをやめます」

と宣言。

Twitterをやめる理由としては、

  • ニュースに更に上塗りしたい
  • いっぱい変なの湧いてきた

としています。

この”ニュースに更に上塗りしたい”とは一体どういう意味なのでしょうか。

 

今回は、電気グルーヴ・石野卓球さんがTwitterをやめた理由をチェックし、ニュースに上塗りしたいとは一体どういうことなのかを調査していきます!

石野卓球がTwitterをやめた理由”ニュースに上塗りしたい”とは?

石野卓球さんは、逮捕されたピエール瀧さんと『電気グルーヴ』という音楽バンドを組んでいました。

そのため、ピエール瀧さんが逮捕されたことで、同じバンドのメンバーである石野卓球さんの発言にかなり注目が集まっていたのです。

石野卓球さんは、ピエール瀧さんが逮捕された後も

Twitterを更新

し続けています。

2019年3月2日にピエール瀧さんが逮捕されると、その2日後に

『石野卓球さん自身がソロで出演予定だったイベントが中止』

となったことを

イベント中止告知文とともに「だとよ」

とツイート。

2019年3月21日には、人気アニメ『ポプテピピック』のキャラクターをパロディにし、

「容疑者!」と叫んでいるような画像を投稿

しており、それはピエール瀧さんを連想させるような投稿でした。

 

2019年3月23日には、一部でささやかれていた

「ピエール瀧の次に逮捕されることを恐れて石野卓球が頭を丸めたらしい」

という噂を払拭するように、

自撮り写真とともに「頭丸めてないよ」

とツイート。

さらに同日に

電気グルーヴの”電”の字を〇で囲んだタトゥーを入れたこと

を写真付きで報告しました。

51歳にして初のタトゥー

ということで、ネットでは賛否両論あるようですね。

 

同ツイートには

Zin‐sayは電気グルーヴ、電気グルーヴは人生

真似すんなよ

とコメントが書かれています。

Zin‐sayとは、電気グルーヴの前身バンドのことで、ピエール瀧さんも所属していました。

このツイートから、石野卓球さんの

  • 電気グルーヴへの思い
  • ピエール瀧さんへの思い

が伝わるとファンは絶賛していましたよ。

 

2019年3月24日には、CDやストリーミングサービスで楽曲が購入できるサイトのリンクとともに

電気グルーヴは出荷停止だけど石野卓球ソロは売ってる(容疑者がいないので)

とツイート。

2019年1月11日放送の『アナザースカイ』に電気グルーヴとして出演した際に、

ベルリンでピエール瀧さんと一緒に撮った写真

が紹介されましたが、2019年3月24日に

その写真とまったく同じ背景・構図のままの石野卓球さん1人だけが写る写真

を投稿していました。

石野卓球さんは、ピエール瀧さんが逮捕されてからも

ピエール瀧さん関連のツイート

を数多く発信していたのです。

 

これに対して、2019年3月25日放送の『バイキング』『直撃LIVEグッディ!』では、

石野卓球さんがピエール瀧さんの件で謝罪しないのがおかしい

と言わんばかりの発言が飛び交い、石野卓球さんを攻撃していたのです。

一方、石野卓球さんは2019年3月26日夜に、インターネットストリーミング配信サイト『DOMMUNE』で

電気グルーヴの楽曲だけを5時間流し続けるDJイベント『DJ Plays“電気グルーヴ”ONLY』

を緊急開催したのです。

番組の最後には

「WHO IS MUSIC FOR? MUSIC IS FOR EVERYONE!(音楽は誰のもの? みんなのもの!)」

というメッセージが表示されました。

このイベントは

累計およそ47万人が視聴

し、大注目されました。

ピエール瀧さんが逮捕されている中で、これほどの視聴があったとは驚きですよね。

ファンにとって、彼らの音楽は、逮捕前も逮捕後も変わらないのでしょう。

しかし、2019年3月28日放送の『バイキング』では、

同イベントは『DOMMUNE』の売名行為のためのイベントだったのでは?

と言っているような発言があり、またもや石野卓球さんが攻撃されているような放送となっていたのです。

日本の芸能界では、メンバーの一人が不祥事を起こした場合

残るメンバーが謝罪すること

は”当然”のような風潮になっており、

連帯責任

という認識がありますね。

石野卓球さんがピエール瀧さんの逮捕を受けても、

謝罪せず自由にツイート・活動していること

を許せないと感じる人も、それなりにいるようです。

しかし、多くの人が観るテレビの番組の中で、

石野卓球さんが謝罪しないことがおかしい

というような話をすることはあってはならないことでしょう。

ネットユーザーは、

ネットの声

説明も謝罪もしない石野卓球さんという救世主 。

ネットの声

ピエールさんが謝罪したんだからもういいだろ。

ネットの声

卓球は何も変わらないことでピエール瀧の帰る場所を作ってるんだ。

ネットの声

石野卓球さんのスタンス、僕は今の日本に必要だと思う。

と、石野卓球さんが謝罪をする必要はないと考えている人が多かったですね。

 

石野卓球さんは、

  • 2019年4月3日の午前中に100回以上ツイート
  • 2019年4月4日も早朝からもハイペースでツイート

をしていました。

しかし、2019年4月4日に突然

Twitterをやめる宣言

をするのです。

しかし、その後

18分でツイートを再開。

一度目は、18分間Twitterをやめただけでした。

このときは

Twitterを本当にやめるつもりはなかった

のでしょう。

しかし、2019年4月8日には

もう一度「ツイッターをやめる」宣言

をし、今度は本当にTwitterをやめてしまいました。

 

2019年4月8日に「ツイッターをやめる」とツイートした際は、

一度目にTwitterをやめた際にネットにアップされていた記事のリンク

を貼り付け、このニュースに上塗りしたいと書かれていました。

つまり、

このニュースに上塗りしたい

と言っていたニュースは、

一度目の『ツイッターやめる』と言ったニュースのこと

を指していました。

 

もう1つの理由として挙げられていた

いっぱい変なの湧いてきた

というのは、

謝罪を求めるような発言をしていたテレビ番組

を指しているのではないかと推測できます。

テレビ番組では、石野卓球さんのツイートについて

「強がっているのでは」

というような発言もでていますが、

ファンからしてみれば通常運転

なのだそうですよ。

彼はもともと

トリッキーな発言

をすることが普通で、

ファンはそういった面も含めてファン

なのです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、電気グルーヴの石野卓球さんがTwitterをやめた理由をチェックし、ニュースに上塗りしたいとは何のことだったのかを調査しました。

石野卓球さんがTwitterをやめた理由は、

一度目にTwitterをやめた2019年4月4日のニュースが記事になったこと

について、このニュースに上塗りしたいとしていました。

さらに、

いっぱい変なの湧いてきた

と発言していたことについては、ピエール瀧さんが逮捕された後も

  • 自由にTwitterを投稿
  • 自由に音楽活動をしている

石野卓球さんに対して、テレビ番組で

石野卓球さんがピエール瀧さんの件で謝罪しないのはおかしい

と言わんばかりの発言をしていたことに対しての発言ではないかと考えられます。

石野卓球さんは、Twitterはやめてしまうようですが、

『ライブなど音楽活動は続けていく』

ということでした。

ファンはいつまでも電気グルーヴの復活を待っていますよ!

-歌手

Copyright© 日刊スパイデー , 2019 All Rights Reserved.