日刊スパイデー

365日どこかで愛を見つけるブログ

事件

ノートルダム大聖堂火災の原因とは?大統領の寄付募集で評判も炎上!

投稿日:

2019年4月15日の夕方に、フランスのパリの有名観光地で世界文化遺産に登録されている

ノートルダム大聖堂で大規模な火災

が発生し、話題になっています。

神聖な場所

2000年近い歴史のある場所

ということもあり、

今後どうなっていくのか

再建できるのか心配

だという声が多く挙がっています。

一体なぜノートルダム大聖堂で火災が起こったのでしょうか。

火災を受けて、フランスのマクロン大統領は緊急会見を行い、

再建のために世界中から寄付を募る

と発表したのですが、これについて

賛否両論ある

ようです...。

 

今回は世界的に注目されているノートルダム大聖堂の火災の原因や、フランスのマクロン大統領が寄付を募集して評判が炎上している件について調査していきます。

スポンサードリンク

ノートルダム大聖堂の火災の原因は?

世界文化遺産であるノートルダム大聖堂の火災は、世界中に衝撃を与えました。

一体なぜノートルダム大聖堂で火災が起こったのでしょうか。

フランスの現地メディアの報道によると、

出火の原因は改修工事

ではないか、という見方がされているようです。

ノートルダム大聖堂から火災が発生した当時は、

ノートルダム大聖堂の大規模な改修工事

が行われていて、

改修工事の足場付近から出火した可能性がある

ということでした。

足場付近からの出火が確認できる画像がこちらです。

ノートルダム大聖堂の火災・足場付近

ノートルダム大聖堂の火災・足場付近

改修工事の現場から

作業員が全員帰った後に発火したこと

は明らかになっていますが、

詳しい原因は調査中

なのだそうです。

 

ノートルダム大聖堂の火災についてネットユーザーは、

ネットの声

修復工事で明るくしなきゃだから、そこに照明とか置いてたら 漏電とかすれば、周りは全部可燃物だしあっという間だろう。

ネットの声

屋根の中は木造の柱だらけなんだよ 普通に燃える

と、木造であるために燃えやすいという意見があり、

照明器具などの漏電の可能性を示唆

する声がありました。

しかし、一方では

ネットの声

フランス人の歴史と伝統を踏みにじる行為 これテ○なんじゃね

と、

フランスの歴史と伝統を踏みにじる行為であることからテ○を疑う

声も挙がっていました。

しかし、フランス現地の報道内容から、状況的に

改修工事の現場での火災事故

という可能性が高そうですね。

ノートルダム大聖堂の火災では

天井がほぼ焼け落ちた

尖塔(とがった屋根を持つ塔)が燃えた

ということでした。

その様子を写した画像がこちらです。

ノートルダム大聖堂の火災・屋根天井部分

ノートルダム大聖堂の火災・屋根天井部分

こちらの画像は、ノートルダム大聖堂の火災を上から写したものです。

ノートルダム大聖堂全体を赤い炎が包んでおり、火災の凄まじさを感じますね...。

この火災はパリのどの場所からもわかるほどの大規模火災で、火災当時パリの人々は

  • 「オーノー!」と叫ぶ
  • 静かに涙を流す
  • アベマリアを歌っていた

といいます。

火災を目の当たりにして、尖塔が倒れる瞬間を目撃した人々のショックは計り知れません。

現地の消防隊員の活躍で全壊は免れたノートルダム大聖堂ですが、

完全に再建されるまでは何十年もかかる

と予想されますね。

とても残念でショッキングな火災でしたが、けが人は確認されていないことが不幸中の幸いだったといえそうです。

 

ノートルダム大聖堂の寄付を募集したマクロン大統領の評判炎上!

ノートルダム大聖堂の火災を知り、世界各国からコメントが出されています。

日本の菅官房長官は、

フランス政府から要請があれば日本政府として積極的に(支援を)検討していきたい

とコメントを発表しました。

世界文化遺産ということもあり、世界各国から支援や募金といった声が挙がる中、

フランス大統領のマクロン大統領が寄付を募集

したところ

評判が炎上してしまった

というのです。

マクロン大統領は、ノートルダム大聖堂の火災を受けて

恐ろしい悲劇だ

とコメントをし、

  • 再建のための国家寄付計画を明日から始める
  • 世界中から寄付を募る

と発表。

この発表を受けて

募金賛成派と募金反対派

に分かれてしまっているようなのです。

ネットユーザーは、

ネットの声

不謹慎かもだけど、自国の大切な財産なんだから、まず国債なり発行して自国でやってから、こういう動きは、民間にして貰うのが、基本だと思う

ネットの声

まだ燃えてるタイミングでマクロン大統領が世界に寄付をお願いするのはおかしくないか?

ネットの声

ノートルダム大聖堂がまだ炎上している中、マクロン仏大統領は早速全世界へ向けた募金活動を表明、修復費同様所有者である政府がケチる方針を打ち出した。

など、

フランスのマクロン大統領の募金を募るタイミングが悪い

と感じている人が募金について批判的なコメントをしているとわかりました。

しかし、一方で

ネットの声

ノートルダム大聖堂の募金、絶対するわ

ネットの声

ノートルダム大聖堂再建の募金したい...

ネットの声

ノートルダム大聖堂の募金とか、日本でもやってくれないだろうか

と、日本の中でも

個人的にも募金がしたい

と思っている人はとても多く、窓口を探しているようです。

募金方法については、

ネットの声

募金については詐欺にあわないよう、フランス政府からの情報を待ちましょう

と、

詐欺について注意喚起するツイート

もありましたよ。

こうした再建に向けての募金で金儲けをしようとたくらむ人間もいるので、本当に信用できる募金先をしっかりと判断して、募金していきたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

ノートルダム大聖堂の火災の画像はかなりショッキングなもので、とても悲しい気持ちになりました。

ノートルダム大聖堂の火災の原因は、

改修工事の足場付近からの出火の可能性がある

とされていますが、

詳しい原因は調査中

ということです。

ノートルダム大聖堂の再建については、

マクロン大統領が早々に募金を募る発表をしたことによって評判が炎上

していますが、

個人的に募金をしたい

と考えている人も多かったですね。

-事件

Copyright© 日刊スパイデー , 2019 All Rights Reserved.