日刊スパイデー

365日どこかで愛を見つけるブログ

イベント

ふるさと応援祭2019の開催日程や時間からアクセスや駐車場まで徹底調査

投稿日:

2019年のゴールデンウィークは、どこに遊びに行くのか決まりましたか?

まだ決まっていない人は、

日比谷公園で行われる食フェス

はいかがでしょうか?

定額制で、全国各地のバラエティー豊かなメニューが堪能できます。

もちろんスイーツも。

今回は、さまざまなグルメが満喫できる

”ふるさと応援祭 バイキングパーク2019”について紹介していきます。

しっかり調査して、楽しんで行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

ふるさと応援祭バイキングパーク2019の開催日程や時間をチェック

日比谷公園(噴水広場)

フェス名

ふるさと応援祭バイキングパーク2019

開催場所

日比谷公園(噴水広場)

〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園

開催期間

2019年5月3日(金・祝)~5月6日(月・祝)

開催時間

11:00~21:00(全日)

料金について

入場料がかかります

(各日程の当日"19:00"まで購入可能)

入場料 一般(中学生以上) 小学生 幼児(小学生未満)
前売り券

当日券

3000円

3800円

1500円

1800円

無料

チケットは、当日会場に入るときに、入場ゲートにて、リーダーにかざして、使います。

食事代

入場料には、食事代を含まれた金額となります。

なので、別に食事代がかかることはありません。

入場さえすれば、全店舗において食事が無料で提供されます。

ただし、一度会場から出ると、再入場はできなので注意してくださいね。

また、当然ながら入場券は、当日のみしか使えません。

飲み物代

入場券は食事代のみで、お酒やソフトドリンクなどは、お金を支払う必要があります。

この時の支払い方法は

  • 現金
  • 電子マネー(交通系ICなど)

の二通りです。

クレジットカードは使えません!

また、

会場にはチャージするところはない

ため、当日は事前に電子マネーをチャージしておきましょう。

イベントは、雨天決行となります。

ただ大雨など、より荒れた気象状況によっては中止する可能性もあります。

詳しくは、公式サイトや公式SNSにて、お知らせがあります。

天気予報と合わせて、確認しておきましょう。

ふるさと応援祭バイキングパーク2019の関連情報・サイト

公式サイト:http://vikingpark.jp/

公式Twitter:https://twitter.com/vikingpark2019

公式Instagram:https://www.instagram.com/vikingpark2019/

 

ふるさと応援祭2019のアクセス方法

ふるさと応援祭2019の会場である、日比谷公園噴水広場へのアクセス方法を移動手段別に解説していきます。

とくに、降りる駅を間違えると楽しめなくなるので、しっかりと確かめていきましょう。

出入り口が一箇所のみ

公式サイトのミニマップにもありますが、前売り券でも、当日券でも、入退場箇所は

一箇所のみ

となっています。

チケットを購入後、入場ゲートでリーダーにチケットをかざす必要があるため、出入り口は混雑も予想されます。

ふるさと応援祭2019

公式サイトより

ふるさと応援祭 ミニマップ

赤丸で囲まれている場所が出入り口です。

ふるさと応援祭2019に電車で行く場合

日比谷駅:東京メトロ日比谷線、千代田線、有楽町線

ふるさと応援祭2019の会場に最も最寄りの駅です。

徒歩で約5分ほどで行くことができます。

A14または、A10出口から出ると公園側なので、信号などの待ち時間がなく、スムーズにアクセスできます。

A10出口が日比谷公園交番側で、A14出口だと噴水広場の目の前なので、出るのでしたら、A14出口から出ましょう。

ベビーカーや車いすの人は、最寄りのエレベーターがA11出口にあるので、こちらの方が早く到着できます。

反対側ですが、信号を一つ渡るだけです。

内幸町駅:都営三田線

次に近い駅は、内幸町駅です。

渡る信号が一つしかないため、徒歩で約10以内に着くことができます。

一番近い出口は、A7出口、もしくはA6出口です。

どちらも、ほぼ同じところにあるので、どちらで出ても大丈夫です。

ベビーカーや車いすの方は、A8から出ると方が近くに出ます。

霞が関駅:東京めとる日比谷線、千代田線、丸ノ内線

霞が関駅の最寄りの出口は、C4出口で、徒歩で約10分ほどです。

信号を一つ渡ることで着くことができます。

エレベーターもあるので、ベビーカーや車いすの方もこちらから出た方が近くです。

ふるさと応援祭2019に バス で行く場合

バスで行く場合の最寄りのバス停は、

日比谷バス停

内幸町バス停

です。

日比谷バス停は、2つの会社の系統があります。

都営バスの場合

都03系統四谷駅行きに乗車してください。

東急バスの場合

東98系統東京駅南口ゆきもしくは、『東京国際フォーラム前経由』東京駅南口ゆきに乗車してください。

バス停から会場までは、信号を一つ渡り、徒歩で約5分ほどです。

 

内幸町バス停の場合は、2つの会社の系統があります。

都営バスの場合

橋63系統小滝橋車庫行きに乗車してください。

東急バスの場合

東98系統東京駅南口行きに乗車してください。

こちらのバス停も信号を一つ渡り、徒歩で5分ほどです。

ふるさと応援祭2019に自家用車で行く場合

最寄りは、タイムズ日比谷駐車場

タイムズ(NEXCO) 日比谷駐車場

タイムズ(NEXCO)日比谷駐車場

最も最寄りな駐車場は、

タイムズ日比谷駐車場

となります。

ただ、この駐車場は、会場まで徒歩で約5分ほどの距離で、会場がすぐ上になるため、大変混雑するでしょう。

大型の駐車場ではありますが、使う場合は早めに着くようにしましょう。

時間営業:24時間営業

(8:00~20:00までは、30分/300円)

(22:00~8:00までは、30分/150円)

収容台数:470台

日生日比谷ビル駐車場

日生日比谷ビル駐車場

日生日比谷ビル駐車場

その次に最寄りの駐車場は、日生日比谷ビル駐車場です。

噴水広場の目の前に位置していて、信号一つ渡るだけで、到着します。

営業時間:8:00~22:30 まで。

(30分毎/310円)

収容台数:36台

徒歩で約5分ほど。

東宝ツインタワービル駐車場

東宝ツインタワービル駐車場

東宝ツインタワービル駐車場

東宝ツインタワービル駐車場

こちらも、信号一つ渡ることで到着します。

交番側の駐車場なので、少し遠くです。

営業時間:8:00~23:00 まで。

(日曜日は22:30まで)

(30分毎/250円)

収容台数:不明

徒歩で約10分ほど。

いずれの駐車場も早く到着することを心がけてください。

もしくは、遠くに車を停めて、電車で向かった方が早く着く可能性もあります。

他の方法と比較して、計画してくださいね。

 

補足:開催日中の混雑状況について

ふるさと応援祭バイキングパーク2019開催期間中は、

ゴールデンウィーク期間中の東京

ということを念頭においておきましょう。

さまざまな人であふれかえると思われます。

ただし、外国人旅行客に関しては、

海外では連休ではない

ので、そこまで外国人で混雑することはないでしょう。

他のイベントもそうですが、早くに行った方が空いているので、

11:00~12:00

の時間帯が最も空いているでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ふるさと応援祭バイキングパーク2019の詳しい情報を確認してもらえましたか?

アクセス方法として、おすすめなのは、電車です。

自家用車の場合は、周辺にも駐車場はありますが、一駅か二駅離れた駅付近の駐車場に停めることになります。

電車で来るほうが、早く現地に着き、混雑を回避することができます。

バスの場合は、連休で道路が混雑すると思われるので、十分な余裕を持って行動したほうが良いでしょう。

開催期間が連休の後半

なので、

『前半は遠くに行って、帰ってきたらグルメを満喫して楽しむ』

というプランは、いかがでしょうか。

連休中のイベントは、トラブルが発生するかもしれないので、安全には十分に気をつけてください。

それでは、食フェスを楽しんできてくださいね!

-イベント

Copyright© 日刊スパイデー , 2019 All Rights Reserved.