日刊スパイデー

365日どこかで愛を見つけるブログ

女優

再現ドラマの女王・芳野友美(女優)のギャラはいくら?年収をチェック

投稿日:

  • 踊る!さんま御殿!!
  • 中居正広の金曜日のスマたちへ

など、数々のバラエティ番組で、流れている再現ドラマ。

過去に起きた事件や、エピソードなどを、視覚的にわかりやすく視聴者に伝えるために、あえて番組内で再現ドラマとして流していますよね。

そんな再現ドラマに数多く出演し、

『再現ドラマの女王』

と呼ばれた女優が芳野友美さん。

話によると、現在もバイトをしないと生活できないほど、ギャラは稼げていないみたい…

では、一体、彼女のギャラ(年収)はいくらなのでしょうか?

本記事では、再現ドラマの女王と呼ばれる芳野友美さんのギャラ・年収がいくらなのか。

また、彼女の現状の厳しさもあわせて調査し、まとめていきます。

スポンサードリンク

再現ドラマの女王・芳野友美とは?

芳野友美

バラエティ番組や情報番組などで、よく見かける再現ドラマ。

最近では、『スカッとジャパン』の再現ドラマで、有名タレント・女優たちが出演しているので、その地位は確立されつつありますよね。

  • 菜々緒
  • 長嶋一茂
  • 津田寛治

など、すでに俳優・女優・タレントとして有名な人ばかり出演し、かなり豪華な印象も伺えます。

芳野友美は再現ドラマの女王

さて、そんな再現ドラマに数多く出演し、近年『再現ドラマの女王』とまで呼ばれ、注目されている女優が芳野友美さん。

彼女自身、朝ドラに出演しているわけでもなく、連続ドラマもゲスト出演がほとんど。

それほど知名度は高くありません。

ある意味、エキストラに近い存在といってもいいくらい女優で、まだブレイクしきれていない現状です。

まぁ要は下積みが長く続いているというわけですね。

ただ、

2001年4月に学業専念のために、一度芸能界を引退

していますが、2003年に女優として復帰。

年齢も38歳で、キャリアそのものは長いと言えるでしょう。

朝ドラに出演していないと、お話しましたが、それは、あくまでメインキャストとしての話で、

  • おひさま(第45話)
  • 半分、青い(第103話、第104話)

には、ゲスト役として芳野友美さんが出演しています。

もちろん、ゲストといっても、きっちりした役名があるわけではありません。

『看護師役』といった、ざっくりした役名のない脇役ばかり…

 

芳野友美のギャラ・年収は?

再現ドラマには数多く出演しているものの、まだ下積みの印象が強く、有名女優と比較して知名度は高くない芳野友美さん。

当然、ギャラも高いわけではなく、バイトと掛け持ちしなければ、生活もままならないようです。

では、彼女の女優としてのギャラ・年収は、いったいいくらなのでしょうか?

調べてみると、驚きの事実が判明しました。

衝撃を受けるほどの年収の低さ

それは、同じ番組に連続して何本も出演させてもらえるわけではなく、

月に2~3本程度で、月収が3万円程度しかない

ということ。

つまり、単純計算しても、36万円。

さらに、それを事務所と折半し、その上で諸経費は全て自腹…

ということは、

年収としても、10~20万円あれば良いほうで、サラリーマンの月収にも届かない

というのが現状のようです。

もちろん、今ではさらに数多くの本数(番組)に出演しているでしょうし、それなりにギャラはもらえているでしょう。

それでも、再現ドラマに出演するだけでは、ギャラは上がらず、その業界の平均収入は、

100万に届くか届かないか

といった程度…

こんな収入なら、女優業だけで生活できずバイトと掛け持ちするのも仕方ありません。

再現ドラマの出演は、あくまで下積みの機会の演出

あくまで再現ドラマに出演しているのは、女優としての下積みの機会を演出してもらえているだけに過ぎない話…

それで生活させてもらえるほど、現状は甘くないのです。

それだけに、早く女優として大成し、女優一本で生活できるようになってほしいですね。

 

バイトと掛け持ち必死の厳しさ

先程もお話したとおり、再現ドラマに数多く出演していても、それだけで生活できるほど、甘い世界ではありません。

芳野友美さんは、再現ドラマには数多く出演しているものの、連続ドラマにはゲスト出演がほとんど…

また、

  • アバター
  • 秘密

などの有名映画に出演していますが、彼女の知名度はそれほど高いわけでもありません。

いくら女優が夢のある世界だといっても、現実はかなり厳しいのです。

ましてや、知名度の低い芳野友美さんが、いくら再現ドラマに出演していたとしても、それほどギャラが上がらない…

バイトと掛け持ちしなければ、とても生活できないというのが現状なのでしょう。

衣装代も自腹を切るほど広がる格差…

ただ、ギャラが低いだけなら理解は出来ます。

しかし衣装代など全ての諸経費が自腹というのは、なんとも厳しすぎますよね。

衣装代くらい諸経費として番組側が出費するべきなのに、出演者が自腹を切らされるなんて…

これでは、一つ間違えれば、身銭を切って番組出演することとなり、とても生活どころではありません。

制作サイドの事情も分かりますが、自分たちの番組の再現ドラマなんですから、衣装代くらいは負担してもらいたいものです。

それくらい格差の酷さを見せつけられた、厳しさを痛感した次第です。

このような厳しい世界に身を置きながらも、女優として奮闘する芳野友美さんが、今後大成していくことを期待しています!

スポンサーリンク

 

まとめ

再現ドラマの女王として脚光を浴びている芳野友美さん。

しかし、その現状はかなり厳しいようです。

100万円を下回るほどの年収しか貰えず、バイトと掛け持ちで、ようやく生活が成り立つレベル…

それどころか、衣装代など全て自腹というです。

あまりにも厳しい世界といえますよね。

ただ、厳しいながらも、吉田羊さんのように、下積みを経て名女優として活躍している人もいます。

芳野友美さんも、『再現ドラマの女王』と呼ばれている現状を機に、大物女優として飛躍していってほしいですね。

-女優

Copyright© 日刊スパイデー , 2019 All Rights Reserved.