日刊スパイデー

365日どこかで愛を見つけるブログ

格闘技

ヒョードルの動画と戦績を紹介!最強と名高い全盛期と強さとは?

投稿日:

『60億分の1の男』

かつてそう呼ばれ、世界中の格闘家に恐れられた男がいます。

その格闘家の名前は、

エメリヤーエンコ・ヒョードル

です。

格闘技に詳しくない人でも、ヒョードルの名前を聞けば、顔を思い出せるのではないでしょうか。

それほどにヒョードルは、広く認知されている選手でした。

昔ほど名前を聞かなくなりましたが、現在でも現役選手です。

いったいどれほど強かったのでしょうか。

今回は、ヒョードル選手の、

動画

戦績

最強と名高い全盛期の強さ

についてお話ししていきます。

スポンサードリンク

ヒョードルのプロフィール

まずはヒョードル選手のプロフィールを紹介していきます。

名前 エメリヤーエンコ・ヒョードル
通称 60億分の1の男/人類最強の男/氷の皇帝/ロシアン・ラストエンペラー
生年月日 1976年9月28日
出身地 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国
所属 レッドデビル・スポーツクラブ
身長 183㎝
体重 104㎏
階級 ヘビー級
リーチ 193㎝
バックボーン 柔道/サンボ
戦績 45戦38勝6敗1無効試合
獲得タイトル
  • RINGSワールドタイトル決定トーナメントヘビー級優勝
  • 初代RINGSヘビー級王座
  • RINGSワールドタイトル決定トーナメント 無差別級 優勝
  • 第5代RINGS無差別級王座
  • 第2第PRIDEヘビー級王座
  • PRIDE GRANDPRIX 2004 優勝
  • 初代WAMMA世界ヘビー級王座

View this post on Instagram

Сейчас мы ведем переговоры по поводу моего следующего боя, но контракт еще не подписан ни с одной организацией. До официального анонса вся информация о переговорах является конфиденциальной, и ни одна из сторон не может ее разглашать. Пока я тренируюсь в прежнем режиме, еще не начинал готовится под определенного оппонента. На сегодняшний день многие люди используют отсутствие информации о моем следующем бое в своих целях. С компанией Rizin мы не вели и не ведем переговоры по поводу поединка. Поэтому, информация о согласии Шейна Карвина встретиться со мной на ринге для меня удивительна. Никаких предложений от японского промоушена мне не поступало. В ближайшее время мы объявим дату моего боя в официальных источниках.

A post shared by Федор Емельяненко (@fedoremelianenkoofficial) on

以上のようになっています。

6敗と負けこそありますが、獲得タイトルの数が物凄いですね。

この他にもバックボーンである柔道やサンボで、数々のタイトルを獲得しています。

 

ヒョードルの動画

ここからは、ヒョードル選手の動画で、強さに少し触れてもらいます。

まずはこちら、2011年11月20日のM-1 Globalという格闘技大会で行われた、

ヒョードル選手VSジェフ・モンソン選手

の試合動画です。

試合結果は、判定3-0でヒョードル選手の勝利となります。

判定ではあるものの圧倒的強さですね。

「相手選手があまり強くないのでは?」

と錯覚してしまいそうな程の差です。

でも、このジェフ・モンソン選手は、総合格闘技で数々のタイトルを獲得している実力者です。

そんな実力者を相手に、この結果です。

恐ろしいですね。

 

続いてはこの動画です。

こちらは日本のテレビ番組で行われた、腕相撲勝負の企画です。

腕相撲と言え、何と相手は第69代横綱の白鵬選手です。

体重差も大きくあるでしょう。

しかし結果は圧勝。

いったいどんな体をしているのでしょうか・・・。

 

ヒョードルの戦績

次に、ヒョードル選手の戦績について紹介していきます。

戦績は、プロフィール紹介でも少し触れましたが、

45戦38勝6敗1無効試合

となっています。

2000年5月21日のRings Russiaでデビュー戦を行い、マルティン・ラザロフ選手を相手に、

1ラウンド2分24秒 フロントチョークで勝利

を飾っています。

その後の2000年12月22日に、リングスで高坂剛選手と試合を行い、

1ラウンド17秒ドクターストップ

によりTKOで敗戦となります。

しかし2001年4月6日に、Rings Russiaでミハイル・アポストロフ選手に、1ラウンド1分3秒チョークスリーパーで勝利するとその後、

28戦行い、約8年間無敗

と言う快挙を成し遂げるのです。

この8年の間には、

  • バルセロナオリンピック銀メダリスト:小川直也さん
  • 身長218㎝の韓流大巨人の通称で人気であった:チェ・ホンマン選手

などのビッグネームをいずれも1ラウンドで圧倒しています。

圧倒的強さですね!!

しかし、敵無し状態であったヒョードル選手にも負ける時がきます。

2010年6月26日のStrikeforceで、ファブリシオ・ヴェウドゥム選手と試合を行いましたが、

1ラウンド1分9秒 腕ひしぎ三角固めで敗戦

となってしまします。

さらに2011年の2月12日と7月30日には、同じくStrikeforceで、

  • アントニオ・シウバ選手
  • ダン・ヘンダーソン選手

と試合をしますが、

いずれもTKO負け

をしてしまいます。

これまで圧倒的強さを誇っていたヒョードル選手にも、その実力に陰りが見え始めます。

その後、現在までに、9戦行っていますが戦績は、

7勝2敗

と大きく勝ち越しています。

直近の試合では、

2019年1月26日のBellatorで、ライアン・ベイダー選手とヘビー級タイトルマッチを行っていますが、

1ラウンド35秒 パウンドKO負け

をしています。

しかしこの敗戦までの試合では、KOやTKO勝ちを量産しており、

一度陰りの見えた、ヒョードル選手の実力は復活してきています。

 

ヒョードル最強と名高い全盛期の強さ

百獣の王

百獣の王

人類最強の男

と言われた時代もあったヒョードル選手。

全盛期の強さはどれ程であったのでしょうか?

ヒョードル選手の全盛期とは、

2001年4月6日以降の8年間

と言えるでしょう。

その間の強さを象徴するような試合を紹介します。

2003年3月16日2004年8月15日2004年12月31日にPRIDEで、

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ選手

と3度対戦しています。

その内1度は、偶然のバッティングにより無効試合となっていますが、残り2戦はいずれも判定勝利を収めています。

「KOやTKO勝利ではないの?」

と思われるかもしれませんが、このアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ選手の獲得タイトルの一部を紹介すると、

初代PRIDEヘビー級王座

PRIDEヘビー級暫定王座

UFC世界ヘビー級暫定王座

となっています。

こんな選手からヒョードル選手は勝利を収めているのです。

 

また、2006年12月31日のPRIDEでマーク・ハント選手と対戦し、

1ラウンド8分16秒 チキンウィングアームロックで勝利

をしています。

このマーク・ハント選手は、現在UFCで活躍するヘビー級のトップ選手です。

こんな選手からヒョードル選手は勝利を収めているのです。

 

最後にヒョードル選手の圧倒的強さが分かる動画を紹介します。

この動画は2001年4月6日以降、8年の無敗期間以外も含まれていますが、恐ろしいほどの強さであることが良く分かってもらえたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

以上が、ヒョードル選手の、

  • 動画
  • 戦績
  • 最強と名高い全盛期の強さ

についてでした。

各動画を見てヒョードル選手は、

とにかく圧倒的に強い

ことが分かりますね。

負けた期間もありますが、

全盛期の2001年4月6日以降8年の無敗期間

での試合は、恐ろしい程に強く

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ選手

マーク・ハント選手

など世界のトップ選手から勝利を収めています。

現在でも、タイトルマッチを行うなど実力者として活躍を続けているのです。

今後も楽しみですね!!

-格闘技

Copyright© 日刊スパイデー , 2019 All Rights Reserved.