日刊スパイデー

365日どこかで愛を見つけるブログ

事件 芸人

闇営業芸人(宮迫や田村亮など)の復帰時期と闇ギャラの金額をチェック

投稿日:

吉本興業所属の芸人とワタナベエンターテインメント所属の芸人が反社会的勢力団体相手に

『闇営業』

をしたとして、仲介役をしたカラテカ・入江慎也さんが吉本興業を解雇された問題に進展がありました。

カラテカ・入江慎也さんの依頼で

  • 反社会的勢力相手だと知らなかった
  • 金銭を受け取らずに営業をした

としていた雨上がり決死隊・宮迫博之さんとロンドンブーツ1号・2号の田村亮さんら11名の吉本興業所属芸人と、ワタナベエンターテインメント所属のザブングル・ 松尾陽介さんと加藤歩さんが

金銭の受け取りを認めたことで謹慎処分

となったのです。

彼らは、もともと金銭は受け取っていないと

虚偽の証言をしていた

と判明したのです。

はたして、闇営業芸人の彼らは、一体いくらギャラをもらっていたのでしょうか。

また、謹慎処分となった彼らの謹慎期間は、どのくらいになるのかも気になるところ。

 

そこで今回は、宮迫博之さんや田村亮さんを含む闇営業芸人がもらったギャラはいくらだったのか。

謹慎処分からの復帰時期はいつごろになるのかを調査していきます。

宮迫博之・田村亮ら闇営業芸人のギャラはいくら?

事の発端は、2014年の年末にカラテカ・入江慎也さんが反社会的勢力団体への『闇営業』を芸人に仲介していたということ。

反社会的勢力団体とは、

2015年に逮捕された男女40名の振り込め詐欺グループ

でした。

当時は反社会的勢力団体と、芸人に交流があったということは知られていませんでしたが、フライデーがスクープし、2019年になってこの件が明るみに出たのです。

 

2019年6月4日に仲介役をした入江慎也さんが吉本興業から解雇処分を受けました。

しかし、それ以外の『闇営業』参加芸人たちは

厳重注意処分

という甘い処分でした。

この処分内容に対してネットユーザーは

ネットの声

処分が甘すぎる

ネットの声

売れっ子だからいいの?

ネットの声

厳正なる処分を!

と批判の声が多くあがっていたのです。

闇営業芸人は誰?

カラテカ・入江慎也さんに声をかけられて『闇営業』をしていた吉本興業所属芸人は

  • 雨上がり決死隊・宮迫博之(49歳)
  • ロンドンブーツ 1号2号・田村亮(47歳)
  • レイザーラモン・HGこと住谷正樹(43歳)
  • ガリットチュウ・福島善成(41歳)
  • くまだまさし(46歳)
  • ザ・パンチ・パンチ浜崎(38歳)
  • 天津・木村卓寛(43歳)
  • ムーディ勝山(39歳)
  • 2700・八十島宏行(35歳)
  • 2700・常道裕史(36歳)
  • ストロベビー・ディエゴ(41歳)

以上の11名。

ワタナベエンターテインメントの芸人は、

  • ザブングル・松尾陽介(42歳)
  • ザブングル ・加藤歩(44歳)

の2名。

宮迫博之さんは、当時からレギュラー番組でMCを務めるほどの売れっ子です。

それなのに、闇営業していたということは驚きですね...。

田村亮さんも、このメンバーに名前が連なっていることに違和感がある芸人ですよね。

芸人の闇営業でのギャラはいくら?

当初、宮迫博之さんと田村亮さんは

「相手が反社会的勢力だと知らなかった」

「金銭を一切もらっていない」

と証言していました。

このような彼らの証言を加味して、吉本興業は闇営業に参加した11名に厳重注意処分という甘い処分を下していたのでしょう。

しかし、吉本興業はその後も複数回にわたって芸人に聞き取り調査を行い、

反社会的勢力主催の会合であるという認識はなかったが、一定の金銭を受領していたことが認められた

という新事実が発覚!

受け取った金額については

報じられていたような金額ではなかった

とされています。

報じられていた金額というのが、

芸人1人につき100万円

という金額です。

この金額まではいかないとしていますが、

金額の問題ではありません。

一度は受け取っていないと公言しながらも、実際は反社会的勢力団体から金銭を受け取って闇営業していたことが問題ですね。

2019年7月2日号の『フライデー』では

反社会的勢力団体の中で”金庫番”を務めていたA氏がカラテカ・入江慎也さんを通じて参加芸人にギャラを支払った

と証言していたと報じています。

そして支払われたのは

宮迫博之さんらに計300万円

のギャラだったという証言を得ているそうです。

この内訳が

宮迫博之

⇒100万円

入江慎也

⇒30万円

宮迫博之さん以外の参加芸人をまとめて

⇒170万円

だったということ...。

これでいくと、宮迫博之さんだけ報道されていたように

100万円のギャラをもらっていた

ということになりますよね。

『そもそも売れっ子芸人が、ノーギャラで素性の知れない人たち相手に営業をするわけがない』

という気はしていましたが、実際にもらっていたということが明らかになると衝撃的ですね。

宮迫博之さんや田村亮さんらが反社会的勢力団体からギャラをもらっていた件に対してネットユーザーは、

ネットの声

宮迫...終わったな

ネットの声


貰ってない言うて結局貰ってたんやしどうせ反社会的集団ってのも知ってたんやろな

ネットの声


宮迫大嘘つきやん

ネットの声


やっぱり宮迫受け取ってたんや

ネットの声


正直に金もらいました。すいませんでしたという方がよっぽどいいと思うのに本当にバカだな。

ネットの声


謹慎処分は甘すぎだけど、次の疑惑は脱税じゃないかな。こっちがヤバい。事務所を通してない金をポケットにないないしたってことは税金申告してないってことだからな。

と、やはり売れっ子芸人・宮迫博之さんに対するコメントが非常に多かったです。

中には

嘘をつかずに金銭を受け取ったことを認めていた方がよっぽどよかった

という意見もあり、その通りだと感じましたね。

また、

事務所を通していない金であるため”脱税”ではないか

と問題視している声もあがっていました。

まだまだ、闇営業の波紋は広がりそうですね...。

 

宮迫博之・田村亮ら闇営業芸人の復帰時期はいつごろ?

反社会的勢力団体から金銭を受け取っていたと判明し、

謹慎処分

を下された吉本興業所属の11名の芸人とワタナベエンターテインメントの芸人2名。

気になるのは、この謹慎期間です。

まず、宮迫博之さんは

『アメトーーク!』

のメインMC。

田村亮さんは、あまり出演していないですが、

『ロンドンハーツ』

はロンドンブーツ1号・2号の冠番組です。

これらの番組はそれぞれ

  • 出演見合わせ
  • 収録済み番組は対応を慎重に検討する

とされています。

反社会的勢力団体から金銭を受け取ったということは、社会的にも大きな問題があります。

謹慎期間が短くては世間も納得しないでしょう。

ネットユーザーは彼らの謹慎期間について

ネットの声

半年くらい?

ネットの声


1ヵ月~3ヵ月くらいなのかな?

ネットの声


数ヶ月とかふざけた謹慎期間なら、即攻撃を実行する。

ネットの声

夕方のニュースでは謹慎期間は早くて3ヶ月、宮迫さんや亮君はもうちょっと長くなるかもと予想してました

ネットの声


専門家の見立てだと謹慎期間は3~6ヶ月って

と、予想されていました。

専門家を含め、

3ヶ月~6ヶ月くらいになる可能性が高い

と考えている人が多いようですね。

 

この謹慎期間については様々な捉え方があるようで、

ネットの声

謹慎期間長くしてほしい

ネットの声


謹慎期間どれくらいだろ、早く戻ってほしいな

と長い謹慎を求める声と早い復帰を求める声があるようです。

しかし一方で、

ネットの声


宮迫、謹慎期間終わってもしばらくしたら悪い事しそうだし、反省もしてなさそうだから解雇で良いのに。

という声もありました。

謹慎期間にしっかりと自分を見つめ直して、待っているファンや芸人仲間の元に帰ってきてくれるのでしょうか。

今後、いつ復帰が発表されるのか、謹慎期間がどれくらいになるのか注目ですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

入江慎也さんに仲介され、反社会的勢力団体相手に闇営業をした宮迫博之さん・田村亮さんを含む11名の吉本興業所属の芸人とワタナベエンターテインメント所属のザブングルの2人がもらったギャラは

  • 宮迫博之さんが100万円
  • 入江慎也さんが30万円
  • 宮迫博之さん以外の田村亮さんら芸人が計170万円

だったと判明。

一度は、『金銭の受け取りはなかった』としながらも、調査の結果、反社会的勢力団体から金銭を受け取っていたことがわかり、謹慎処分となった彼らの復帰時期については

3ヶ月~6ヶ月後くらいではないか

と言われているようです。

反社会的勢力団体と知らなかったのであれば仕方がありません。

しかし、金銭を受け取っていないと

”嘘をついたこと"

が大きな問題になってしまいましたね。

-事件, 芸人

Copyright© 日刊スパイデー , 2019 All Rights Reserved.