日刊スパイデー

365日どこかで愛を見つけるブログ

移行

今治タオルブラック工場の会社はどこ?給料や労働時間が酷すぎる!

更新日:

2019年6月24日に放送されたNHKのドキュメンタリー番組『ノーナレ』では

愛媛県のタオル縫製工場

が取り上げられました。

この工場は今治市周辺の工場ということで、

今治タオルの工場

という話です。

そして、この工場というのが、

ベトナム人技能実習生を低賃金で長時間労働させ劣悪な環境で働かせていた

という

ブラック工場

だったのです。

この放送を受けて、ネットでは

"このブラック工場はどこの会社なのか?”

と予想合戦が加熱しています。

 

そこから噂は広がり、

今治タオルの会社『オルネット』ではないか?

という噂から、ブラック工場は

『オルネット』だと断定

するような流れに...。

 

すると、

『オルネット』がネットの噂を否定する声明を発表

する事態に発展しています。

それでは『ノーナレ』で特集されたブラック工場とは一体どこの会社なのでしょうか。

今回は、今治タオルのブラック工場はどこの会社なのか、酷すぎる給料や労働時間を調査していきます。

今治タオルのブラック工場は、どこの会社?

NHK『ノーナレ』で取材を受けた今治タオルのブラック工場とは一体どこの会社なのでしょうか。

番組放送後、ネットでは、

愛媛県の今治タオル企業『オルネット』だと断定するような動き

があり、

『オルネット』がネットの噂を否定する声明を発表

しています。

さらに、番組の制作者が

『森清タオル』ではない

と、『オルネット』以外に噂されていた企業が全く無関係というコメントを出しています。

 

「『森清タオル』ではないか?」

という噂が広まった理由は、

ベトナム技能実習生たちが働く工場に『森清タオル』の看板があったから。

しかしこれは、問題のブラック工場が

森清タオルから工場を借りてタオルを製造している

ためだと判明しています。

『オルネット』『森清タオル』などの今治タオルの企業の名前が挙がっていましたが、ネットには気になるコメントもありました。

ネットの声


今治タオル、とははっきり言わなかったかも。

愛媛のタオル工場って言い方だったかもしれません。

今治周辺に見えたけれど、断定してはいけないですね。

念のため。

ということ。

 

愛媛のタオル工場ということで、今治タオルだと決めつけられているようですが、

今治周辺に見えたが断定してはいけない

という意見です。

可能性があるだけで、そもそも今治タオルだと決まったわけではないんですね。

ブラック工場がどこなのかを調べてみましたが、

どれも噂で確証のある企業はわかりませんでした。

ブラック工場と疑われて名前があがるだけでも、その企業にとっては悪影響です。

根も葉もない噂は信じてはいけません。

 

今治タオルのブラック工場の酷い給料や労働時間は?

ネットで予想合戦が加熱し、企業が噂を受けて声明を出すとは異例のことですよね。

『ノーナレ』で放送されたブラック工場は、それほど

酷い工場

だったということです。

ブラック工場の存在が明るみに出たのは、

2018年にブラック工場で技能実習生として働いていたベトナム人がNHKに『助けを求めた』

から。

テレビ局に助けを求めるくらい、自分たちだけではどうすることもできず、追い詰められた状態だったのです...。

2018年のある晩に、『ノーナレ』番組関係者のもとにベトナム技能実習生から

「こんばんは」

「たすけてください」

とメールが届きました。

これは技能実習生として縫製工場で働いていたベトナム人女性からのメールで、

  • 劣悪な住環境
  • ほとんど休みがない
  • 低賃金
  • 長時間労働

という酷い日常が映し出された動画が次々に送られてきたといいます。

酷い環境でタオルの製造をさせられているベトナム技能実習生たちはもともと、

婦人服や子供服の製造

という名目で28人雇われたそう。

彼女たちは日本で洋服を作る技術を学びたかったのです。

 

雇われたときに聞かされていた内容と、実際に働かされている環境が違うという時点で、ブラックですよね...。

この28人のうちの4人が、NHKに助けを求めていたのです。

ベトナム技能実習生たちの労働時間は

朝7時半から夜10時過ぎまで

という長時間労働。

また何かあれば

「ベトナムに強制帰国させる」

と脅され、

厳しいノルマを課せられて

1日中、怒鳴られながら仕事をさせられていたと言われています。

残業時間は

過労死ラインの2倍以上の180時間

にも関わらず、

支払われる残業代は40時間分のみ...。

給料については明かされていませんが、

働いている時間分全て支払われているわけではない

ことが明らかに。

おそらく給料は

10万円満たないのではないか

と考えられます。

酷いのは労働時間だけではなく、彼女たち28人が生活をしていた場所は

会社の敷地にある窓のない寮

だということ。

この寮は

水道光熱費込みで3万円

の家賃ですが、

28人に対して、粗末なシャワーが4つしかないプレハブ。

 

そんな生活を余儀なくされていたベトナム技能実習生たちは

「刑務所にいるみたい」

とコメントしていました...。

 

現在、番組に助けを求めたベトナム人の4人は、支援団体によって保護されたといいます。

しかし、

ブラック工場は現在も操業している

というから驚きですよね!

こんなブラック工場があるなんて信じられません...。

 

4人が保護された後、さらに数人が保護されたそうですが、

ブラック工場に残ったうちの1人が、なんと脳出血で倒れて意識不明の状態が続いている

そうなんです。

これは間違いなく、ブラック工場のせい。

人を人とも思っていないようなブラック工場など存在してはいけません。

しっかりと調査をして、操業を停止させてほしいものです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

愛媛県にあるタオルのブラック工場は、

  • 朝7時半から夜10時過ぎまで
  • 過労死ラインの2倍以上の180時間

という長時間労働を強いる工場。

給料は明かされていませんが、正しい給料が払われていないということもあり

給料は10万円満たない

と考えられます。

このブラック工場がどこなのかについては、

いまだ確定と言える情報はない

ため、断定できていません。

これ以上、このブラック工場の被害者がでないように、きちんと処分が下されることを願うばかりです…。

-移行

Copyright© 日刊スパイデー , 2019 All Rights Reserved.