日刊スパイデー

365日どこかで愛を見つけるブログ

漫画

ワンピース947話ストーリー確定ネタバレ!四皇ビッグマムの記憶が復活

更新日:

2019年7月1日発売の週刊少年ジャンプ2019年31号(最新号)掲載のワンピース最新話(947話)のネタバレになります。

今回は、947話のネタバレと合わせて、今後の考察や感想などもまとめています。

カイドウとの戦いに敗れルフィは、クイーンの管理する兎丼『囚人採掘場』で、ヒョウ五郎に出会います。

兎丼から逃げ出そうとしたルフィは、あっけなく捕まってしまいクイーンの思いつきにより、クイーンの部下達と相撲を取ることに。

修行も兼ねて、ルフィはクイーンの部下達と戦うのですが…

なんと、そこに『おしるこ』を求めてやってきた四皇ビッグ・マムの姿!

ビッグ・マムは、ワノ国に上陸する際に記憶を失い、『おリン』としてチョッパーたちと行動を共にして、兎丼にやってきます。

さてさて、ワンピース・ワノ国編が、ますます盛り上がりを見せています。

はたして、これからストーリーはどう展開されていくのでしょうか。

まずは、前回までのワンピース946話『クイーンVSおリン』のネタバレから確認していきましょう。

続けて、最新話(947話)のネタバレもしていきますよ。

⇒ワンピースを合法的に無料で読む裏技解説

スポンサードリンク

ワンピース946話までのストーリーネタバレ!

ワンピース946話『クイーンVSおリン』は、

『クイーンと四皇ビッグ・マムが、おしるこをめぐってバトル』

するところから始まります。

しかし、おリンが圧倒的にクイーンを滅多打ちにしてしまいます。

クイーンの強さは、懸賞金額13億ベリーの大物です。

そんなクイーンを、たったの2撃で倒してしまいます。

いかに四皇ビッグ・マムが強いか分かりますね。

 

クイーンを倒したことにより、

『開かずの檻』が壊れてしまいます

が、そこに入っていた人については、明かされませんでした。

クイーンを倒したおリンは、おしるこにありつこうとします。

しかし、そこにおしるこはありませんでした。

なんと、すでにルフィが、おしるこを食べてしまっていたのです!

というか、ルフィが自白します。

それによって、当然おリンの怒りの矛先がルフィに向かいます。

怒りに狂ったおリンが。ルフィを攻撃をしかけます。

しかし、土俵から動けないルフィたち(動くと首輪が作動し、お陀仏になってしまうため)。

おリンのさらなる攻撃により、ルフィとヒョウ五郎は土俵際に追い詰められ、ついには土俵から出されてしまい、首輪が作動してしまうのです。

ルフィは、ヒョウ五郎を、死なせないために無我夢中に覇気を使って、自分とヒョウ五郎の首輪を壊すことに成功します。

ヒョウ五郎は、それを見て、自分の命を引き換えに、ルフィの修行として、

「おリンの攻撃から自分を守ってみせろ」

と言うのです。

ルフィは、ヒョウ五郎を守るべく四皇ビッグ・マムである、おリンの攻撃を受ける覚悟をしたところで、947話に続くことになりました。

 

ワンピース最新話(947話)ストーリーネタバレ『クイーンの賭け』

ルフィの新たなる力

ルフィは、過去に

『レイリーがやってのけたこと』

を思い出していました。

 

奴隷として、とらわれた人魚のケイミー。

彼女の首には、爆発する首輪が…。

「ピピピピ」

と、今にも爆発しそうな音を発するケイミーの首輪。

そこでレイリーは、覇気を使い、ケイミーにハメられている首輪を無傷で外してしまうのです。

 

場面は、おリンこと四皇ビッグマムと対峙するルフィ。

ルフィ

「間違いなくレイリーがあの時やったやつだ!!」

「今おれがやったの。」

「でも必死だったからどうやったのか全然憶えてねェ!!」

 

ヒョウ五郎は、心の中でルフィのやってみせたことに対して考えをめぐらします。

ヒョウ五郎

「麦わらの人。」

「お前さんが今見せた力は…。」

「おれが教えられる"流桜”を、すでに超えている。」

「ならば必ず止められる筈(はず)だ!!」

「その怪力女の拳(こぶし)をはじき飛ばし!!」

「我ら2人の命を救ってみせてくれ!!」

 

クイーンの部下たちは、おリンと対峙するルフィを見て、

「受けるつもりか!?」

「不可能だろ!!」

「バカか!?」

「あいつは!!」

などと言っています。

 

ルフィ

「力むんじゃなくて…。」

「覇気を…。」

「拳に…。」

 

ヒョウ五郎

「必ずやれる!!!」

 

ルフィ

「流す…!!」

 

そこに、おリンがルフィに攻撃を繰り出します。

 

ルフィ

「来い!!!」

 

おリンの攻撃を受け止められるかと思ったその時…。

まともにおリンの攻撃を食らってしまい、ルフィとヒョウ五郎は、思い切り吹っ飛ばされてしまいます。

 

ルフィ

「ぎゃあーッー!!!」

 

クイーンの部下たち

「…!!」

 

ルフィ見守っていたチョッパーとお菊も。

お菊

「ルフィ太郎さん!」

 

チョッパー

「ルフィ~!!!」

 

ボコォーン!

と、遠くの壁まで吹き飛ばされたルフィとヒョウ五郎。

二人は、頭から壁に突き刺さり、足しか見えない状態で、ピクピクしています。

 

クイーンの部下たち

「言わんこっちゃねー!!!」

 

自ら壁から出てきたルフィは、隣で突き刺さっていたヒョウ五郎を、壁から引っ張り出そうとします。

ルフィ

「わー。」

「ごめんジジイ!!」

「ダメだったー!!」

「死ぬなー!!」

 

壁から引っ張り出してみると、ヒョウ五郎は血まみれの状態で、頭には大きなたんこぶが。

ルフィ

「ジジー!!」

 

ヒョウ五郎

「い…一応流桜でガードを。」

 

おリン(ビッグ・マム)

「まだ生きてるのか…。」

「許せない…。」

「おれとみんなのおしるこを…。」

おリンは、怒りが収まらず、ルフィたちをさらに攻撃しようと近づいていきます。

 

深刻なダメージを負ったヒョウ五郎は、ルフィに語りかけます。

ヒョウ五郎

「おれがお前さんに教えられるのは…ゲホ。」

「外に大きくまとう『流桜』…。」

「つまり『覇気』。」

 

ルフィ

「おい喋るな。」

「死ぬぞ!!」

 

それでも、ヒョウ五郎は続けます。

ヒョウ五郎

「それは…。」

「"見えない鎧”の様に防御し、攻撃にも転じる強力な力!!」

「だが…。」

「もう一段上になると…。」

「まとった覇気は敵の内部に到達し、内側から破壊する。」

「より大きな力となる!!」

「さっきの"鋼鉄の首輪”は、お前さんの覇気によって内部から破壊されたのだ!!」

「もうできているんだ!!」

「もうお前さんは、大きく外にまとう覇気を体得している…!!

 

ルフィ

「!!」

 

ヒョウ五郎

「まだ無意識なだけ…。」

そこまで語ると、ヒョウ五郎は、まるで命を落としたかのように、ガクンと力が抜けてしまいます。

 

ルフィ

「!!」

「ジジ―!!」

 

その時、おリンがルフィたちのところへたどり着き、さらなる攻撃を繰り出してきます。

おリン(ビッグ・マム)

「ぬ~!!!」

「許さないよ~!!!」

 

ルフィ

「おわー!!」

 

なんとか、おリンの攻撃をよけるルフィ。

ヒョウ五郎も攻撃をよけます。

なんと、ヒョウ五郎は気を失ったふりをしていただけでした。

 

ヒョウ五郎

「健闘を祈る!!」

「麦わらの人!!」

クイーンの作戦

場面は、兎丼『囚人製銑場』へ。

クイーンの部下たち

「なぜ通信できない!?」

「それが…!!」

「『親分スマシ』がどこかに消えてしまい…!!」

「それも結構な状況だが。」

「この地響きの原因は何だ!!?」

 

そこにひとりの謎の男が現れます…。

謎の男

「…?」

「あ。」

 

場面は、再びおリンと対峙するルフィたちのところに。

ルフィは、おリンの攻撃をかわしながら、逃げ進みます。

それを追いかけるおリン。

 

おリン(ビッグ・マム)

「待てェ~!!!」

 

ルフィ

「わあああああ~!!!」

 

クイーンの部下たち

「ビ!!!」

「ビッグ・マム~!??」

「扉を破りとなりの『囚人製銑場』へ!!!」

「あっちには溶鉱炉があるのに!!」

「大パニックです!!!」

「どうしろってんだ…!!」

「クイーン様も敵わぬ相手。」

「おれ達に止められるハズがねェ!!」

 

クイーン

「『ワノ国』はカイドウさんの"ナワバリ”だ。」

 

クイーンの部下

「!」

「クイーン様!!!」

 

おリンの攻撃によって、吹き飛ばされていたクイーンが復帰してきました。

クイーン

「…あのババアの好きにはさせねェ…。」

「おれに作戦がある…。」

「チャンスは一度きりだ。」

「よく聞け野郎共…。」

「いいか、ビッグ・マムは…!!」

"猪”だ!!」

「まっすぐに兎丼を進み、必ずここへ帰って来る!!」

 

クイーンの予想通り、ルフィに攻撃を繰り返しながら、おリンは兎丼を一周し、元の所へ戻ってきます。

 

クイーンの部下

「来ましたクイーン様!!」

 

高い場所から、おリンを見下ろすクイーン。

悪魔の実の能力で、ブラキオサウルスに変身しています。

 

クイーンが仕掛けた罠の"おしるこ”と書かれた入れ物。

それを見つけるおリン。

しかし、中身はやはり空っぽ。

その時、クイーンは、おリンの頭の上に自ら落ちていくのです。

 

クイーン

「"無頼男爆弾(ブラキオボムバ)”!!!」

 

クイーンの部下たち

「やったァ~!!」

「当たった~!!!」

「クイーン様バンザイ~!!」

「ワノ国の救世主!!!」

 

クイーンの技が、おリンの頭に直撃!

そして、その衝撃によって、

おリンの記憶が復活

してしまいます!

自身がビッグ・マムであることを、すべて思い出すのです。

 

おリン(ビッグ・マム)

「あれ!?」

「頭イテえ!!」

「おれは何やってんだ!?」

「ああそうだ…。」

「あん時海に落ちて…。」

「みんなと逸(はぐ)れて、それから…。」

「うす汚ねェ町へ行って…。」

「そうだ…。」

「全部…。」

「思い出した…。」

 

クイーン

「お…。」

「おいウソだろ!!」

「なぜ倒れねェババア!!!」

 

ビッグ・マム

「…おや~?」

「お前はカイドウんとこの…。」

「"クイーン”だね…。」

いざ鬼ヶ島へ

クイーン

「終わった…!!」

「ムリムリムリムリこんなバケモノ!!!」

「さっきとまるで雰囲気が違う!!!」

「何が起きた!?」

 

クイーンの部下たちも、死を覚悟。

しかし、その時。

 

ドシィーン。

 

ビッグ・マムは、倒れこんで寝てしまうのです。

そのことを確認したクイーンは、すぐさま部下たちに指示を出します。

 

クイーン

「純度100%の海楼石の錠と鎖を持ってこい!!!」

「体中に100回巻きつけ猛獣用の麻酔を100本打て!!」

 

クイーンの部下

「は!!」

 

クイーン

「船の準備は!!?」

 

クイーンの部下

「できてます!!!」

 

クイーン

「必要最小限の看守を残し全員船に乗り込め!!!」

「怪物が再び目覚めたら我ら命はないと思え!!!」

「一刻を争う事態だ。」

「超厳戒態勢でビッグ・マムを『鬼ヶ島』へ運ぶ!!!」

 

クイーンの部下たち

「はっ!!」

 

クイーン

「扉と言う扉をぶっ壊された!!!」

「非常用の門(ゲート)で『兎丼』を封鎖せよ!!!」

「囚人達を全員檻にぶち込んで状況を整えろ!!!」

「ババヌキ!!」

「『兎丼』の全てをお前に任せる!!!」

 

ババヌキ

「お任せを!!」

「しかし気になる男が一人…。」

 

クイーン

「行くぞォ~!!!」

ババヌキの言葉を最後まで聞かずに、クイーンは出て行ってしまいます。

 

クイーン

「ウオオオー!!!」

「いざ『鬼ヶ島』~!!!」

「船に乗れ!!」

「急げ!!」

「出航ー!!」

「全速全身!!」

 

場面は、いったん兎丼の外で待たされている、お玉とモモの助に。

お玉

「もも君!!」

「門が閉じるでやんす!!」

 

モモの助

「うむ。」

「いたしかたない!」

「せっしゃ達はここで待つ約束。」

 

お玉

「行こう!!」

 

モモの助

「えー!?」

 

場面は、再び兎丼に残されたババヌキ達に戻ります。

ババヌキ

「ゲートは!?」

 

クイーンの部下たち

「全て閉じました!!」

 

ババヌキ

「通信は!?」

 

クイーンの部下たち

「まだつながりません!!」

「『兎丼』は今、完全隔離状態に…!!」

 

ババヌキ

「なんか起きたら?」

 

クイーンの部下たち

「誰にも伝える術(すべ)がありません。」

 

ルフィ

「だったら暴れ放題だな!」

 

ババヌキ

「!?」

「あァ!?」

「誰だ!?」

 

ルフィ

「『ビッグ・マム』も『フーセン』もいなくて張り合いねェけど。」

 

ババヌキ

「そうだ。」

「コイツが今自由だった。」

 

ルフィ

「おれはずっと自由だ。」

『兎丼(ここ)』もらうぞ。」

 

ババヌキ

「!!?」

⇒ワンピースを合法的に無料で読む裏技解説

スポンサーリンク

考察・感想・まとめ

ワンピース最新話(947話)のネタバレどうでしたか?

まさかの展開でストーリーが進んでいきましたね。

 

まずは、

『ルフィが手に入れるはずの新しい力は、お預け』

となりました。

また、四皇ビッグ・マムの記憶が、ついに復活します。

ただ、すぐさま寝てしまい、クイーンも含め、ルフィも命拾いしています。

クイーンは、

ビッグ・マムを『鬼ヶ島』へ連れて

いきますが、そこに何かあるのでしょうか。

「カイドウならば、ビッグ・マムでも、なんとかしてくれる」

とクイーンは思ったのかもしれませんが、まだ真相は確かではありません。

少し気になるところと言えば、囚人の1人と思われる謎の男。

都合よく兎丼に入ってくる、モモの助のことを考えると、

味方であり、さらにはモモの助の知り合い

と予想ができます。

はたして、その謎の男が今後、どのようにワンピース・ワノ国編のストーリーに関わっていくのかは注目ですね!

「『兎丼』をもらう」

と言い切ったルフィのこれからの反撃も楽しみにしましょう!

関連記事
『ワンピース』を無料で読むには?
ワンピース948話ストーリー確定ネタバレ!お菊は男だった!?

2019年7月8日発売の週刊少年ジャンプ2019年32号(最新号)掲載のワンピース最新話(948話)のネタバレになります。 最新話(948話)のネタバレと合わせて、今後の考察や感想などもまとめています ...

続きを見る

⇒ワンピースを合法的に無料で読む裏技解説

-漫画

Copyright© 日刊スパイデー , 2019 All Rights Reserved.